平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(1)解説

(1)調音点

 1 無声 硬口蓋 摩擦音
 2 無声 歯茎 破裂音
 3 有声 歯茎 破擦音
 4 有声 歯茎 弾き音
 5 有声 歯茎 鼻音

 選択肢1だけ硬口蓋を調音点とする発音で、それ以外は全て歯茎を調音点とする発音です。
 したがって答えは1です。

 音声記号を見てそれに対応する五十音、声帯振動の有無、調音点、調音法が分からないと絶対解けません。最初の問題はほぼIPAの問題が出ますし、聴解問題でも必要な知識なので、どうにか頑張って覚えてください!

 参考:母音と子音の分類とIPA表記





2020年9月16日平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説