【N3文法】~たことにする/たこととする

日本語の文法, N3文法

説明

接続

 動た形+(という)ことにする
 名詞+(だ)ということにする
 な形容詞語幹(+だ)ということにする
 

意味

 就当作…
 算作
 作为
 ~と見なす
 

解説

 物事を事実とは反したようにみなす文法です。
 「~たこととする」は少し硬い表現です。
 

例文

 (1) 仕事を終わらせたことにしてさっさと帰ってきた。
     (就当把工作做完了赶紧回来了。)
 (2) 夫の不倫を見なかったことにする
     (丈夫有外遇我就当没看见。)
 (3) 風邪だということにして学校を休む。
     (就当是感冒了,向学校请假。)
 (4) その話は聞かなかったことにしましょう。
     (就当作没听说过这件事吧。)
 (5) 会社には出張に行ったことにして、旅行を満喫してきた。
     (就当是去公司出差了,好好享受了旅行。)

 

備考

 似ている文法「~たことになる/たこととなる
 似ている文法「~たことがある
 似ている文法「~ことがある/こともある
 似ている文法「~ことができる