【N3文法】~せる/させる(使役)

説明

接続

 五段動詞のない形+せる
 一段動詞のない形+させる
 する→させる
 来る→来させる
 

意味

 让…
 使…
 

解説

 使役形とも呼ばれる文法です。他人に物事を強制したり、動作の許可や放任の意味を表します。
 他動詞の時は被使役者に助詞「に」を使い、自動詞の時は助詞「を」を使います。
 ただし例外もあります。「待つ」は他動詞ですが、被使役者には「を」が使われます。(3)
 

例文

 (1) 母は私を買い物に行かた。
     (妈妈让我去买东西。)
 (2) 風が入ってきて寒いので、友達に窓を閉めさせた。
     (风吹进来很冷,我让朋友关上了窗户。)
 (3) 彼女を待たているので早く行かなければ。
     (让女朋友在等着,不早点去可不行。)
 (4) 部下に今日は残業せず帰りたいと言われたのですぐ帰らた。
     (部下说今天不想加班想直接回家,我就马上让他回去了。)
 (5) 子供がやりたいと言ったことはやらてあげたい。
     (想让孩子做他想做的事情。)
 (6) 地下鉄サリン事件は当時日本中を震撼させた。
     (地铁沙林事件让当时全日本都震惊了。)
 (7) たった15分でも昼寝するだけで頭をすっきりさせることができる。
     (即使15分钟也好睡一小会儿午觉就会觉得脑袋清爽起来。)
 (8) 不注意で子供に怪我をさせてしまった。
     (由于我的疏忽让孩子受伤了。)

 

備考

 関連文法「~れる/られる/される(受身)
 関連文法「【N3文法】~(さ)せられる(使役受身)





N3文法, 日本語の文法