【第23課】できちゃった婚に賛成?反対?

教案

 第23課のテーマは「できちゃった婚に賛成?反対?」です。

 できちゃった婚とは、妊娠したことをきっかけとして結婚することです。想定外の妊娠によって結婚することを決め、親への挨拶などが後手に回りがちです。中国でも最近増えているようです。
 少し危ないテーマかと思いましたが、食いつきがいいのは間違いないので採用してみました。


 

賛成派の意見

 ・堕胎するのは社会道徳に背く。
 ・妊娠は二人のことで、男は子供を育てる責任がある。
 ・2人愛し合ったら、妊娠は結婚を早めることができる。
 ・小さい命にも生きる権利があるから、勝手に堕胎してはいけない。
 ・避妊の方法がこれほどあるのに、なぜできちゃったのか。
 ・子供が2人の愛情を深めることができる。
 ・女の子に堕胎させることは、男として責任感がないことだ。
 ・時代は進歩していて、できちゃった婚が徐々に認められるようになってきた。
 ・子供はある程度結婚を促すことができる。
 ・ある程度は男女双方の責任感を引き出せる。
 ・芸能人はこのような結婚が多い。
 ・措置をとらずに妊娠したのなら、結婚を前提に付き合っているはずだ。
 ・男女の責任であって、この責任ではない。
 ・子供がいることこそが責任を表してる。
 ・できちゃった結婚は周囲から非難されるかもしれないが、仮に中絶したとしてもそれは同じだ。

 

反対派の意見

 ・できちゃった結婚は男女双方を傷つける。
 ・不安定な結婚
 ・夫婦の心と経済的な準備ができていない。
 ・子供のために結婚するだけなら、離婚の可能性は高い。
 ・数週間の子供は個体にならない。ただの細胞だ。
 ・子供ができたら結婚するというのはちょっと強迫観念がある。
 ・人に軽視されやすい。
 ・子供のためにする慌ただしい結婚は残念だ。
 ・このような結婚だと車も部屋も無くて、2人で付き合う、あるいは子供を養っていく空間や時間がない
 ・夫婦関係に対して影響がある。
 ・結婚式は一生の思い出になるので、急いだ結婚はいろいろと残念なことが多い。
 ・会社はこのような女性が好きではない。妊娠によって長期間休んだりする。
 ・できちゃった結婚は、結婚の目的が不純だ。
 ・中絶を受け入れなければならないのは2人の責任である。
 ・姑はこのような子の面倒は見ないだろう。

 
 
 テーマは「できちゃった結婚に賛成か反対か」だったのですが、蓋を開けてみると、「堕胎についてどう賛成か反対か」あるいは「婚前の性交渉について賛成か反対か」などの要素も含んでいました。
 また強姦されて子供ができてしまった場合などについても論争が起きたのですが、そもそもできちゃった婚の相手は恋人を指しますのでこれはこれで別問題。
 このテーマにするのであれば、両者は既に成人で、共に恋人の関係であることを明確にしておく必要がありそうです。





教案