今学期も終わりが見えてきました。

 今週末は端午の節句で3連休ってことについさっき気付きました! 学生との何気ない会話の中で教えられたおかげで、月曜日授業に間違って行くこともなくなって一安心…。 こういう話はいちいち通知とか来ないですから、気付くのは学生のほうが早いです。まあもう慣れました。今後もこれでやっていきます!

 来週は確か第16週、私の授業はテスト期間です。ですが作文と2年会話はすでに終わっているので、あとは1年生の会話テストだけ。木曜日に1回テストするだけという恐ろしく暇な日々を過ごすことになります。

 第17週の再来週は实践とかいうのがあって、今回は1、2年を対象にアフレコみたいなことをやるそうです。突然スケジュールを決められたものの、肝心の中身はまるっきり投げられてというのがこの实践。先学期は「調理実習」で地獄を見ましたが、料理でないだけ良かったです。

 それが終わったらもう仕事はないと主任に確認を取りましたので、再来週末の飛行機を予約しました。というわけで帰国日は6月29日。あともう2週間もありませんね。

 今学期も毎週毎日会話頑張ってきました。そこにはかなり成果があった、手ごたえがあったと思われる今学期でした。
 学生に意欲があるからこそ私も辛いとか思わずにやってこれたんだと思います。まだ今学期終わっていませんが、彼女たちには感謝しかありません。

 学生と一緒に過ごすこの大学4年間の中で私がしてきたことが彼らの将来にとって仮に無駄になったとしても構いません。
 もし日本語と関係ない仕事に就こうが、それを咎めるつもりは毛頭ありません。
 卒業する前に、あるいは私が日本に帰る前に、学生とできるだけの事をして思い出を作ることが真に重要なことで、それを今学期やっと気づかされました。

 卒業シーズンも相まって妙に感傷的な気持ちになっているのかもしれませんね。
 とにかく、今学期あと2週間を精一杯頑張ります!





日本語教師のお仕事