夏休み個別特訓のスケジュール叩き台

日本語教師のお仕事

 もっと日本語を勉強したいという意欲的な学生に対する夏休みの個別特訓のスケジュールをざっと組んでみました。できるかどうかは別にしてまず平日2時間が基本。ここからどう調整されるかです。

 7月8月含めて計60時間に及びます。
 今のところ夏休み中特訓することが予想される学生は少なくとも2名です。私もこんなのは初めての経験なので全くの手探り状態…。

 毎日会話をすることがどれだけの効果があるのかは分かりません。やればやるほど学生は伸びると思いますか? 試したことはありませんがたぶん違う気がします。
 連日の疲れもあるでしょうし、毎日の内容を整理する時間も必要だと思います。

 1日おきに2時間やるのが現実的な妥協点かなぁ。

 そうすると学生が2人なら夏休み中一人当たり30時間。
 もし3人なら一人当たり20時間。
 やはり学生が多くなればなるほど時間も少なくなり「特訓」とは言えなくなっていきます。

 定員は最大3名。可能なら2名に絞ります。
 それ以外の希望者は申し訳ないけど週1回2時間くらいの会話に留め、これまでの平等と呼ばれるものを完全に断ち切りたいと思います。

 あとは学生との相談ですね。





日本語教師のお仕事