学生からの提案でディスカッションの時間を延長

日本語教師のお仕事

 2年生後期会話の授業は現在ディスカッションをしています。
 前半50分でテーマの導入と意見の醸成、後半50分でディスカッション。このような流れです。

 これに対して昨日2年生から授業に対して一つ提案を受けました。

 ここ数回50分ではディスカッションが終わらないということが増えてきていましたのでもう少し時間を増やしてほしいとのこと。
 確かにだんだん慣れてきて白熱してきている感じがあります。
 学生側からもっと話したいと言われたら、それに応えないわけにはいきませんね。

 ちょっと考えているのは、休憩時間を10分くらい前倒しして後半+10分の計60分でディスカッションをするというもの。
 グループを4つから3つに減らす案もあるんですが、そうすると一つのグループが5人くらいになってしまって発言回数も減る恐れもあります。

 この辺りはまた学生と相談して決めないと…。

 こうやって提案されると嬉しい。
 あいかわらず授業というのは一部の優秀な学生によって健全に保たれている感じがしますね。





日本語教師のお仕事