プリント配布の効果を探る

日本語教師のお仕事

 来学期は3月5日始まるそうです。
 例年通り大体この辺りだろうと思って、すでに飛行機は3月10日に予約していました。
 始業には間に合わずに1週間遅れての到着ですが、着き次第、今学期も気合を入れて頑張ります!
 

 先学期から新一年生を対象にプリントを配るという授業方法を試してみています。
 基本はプリントに従って授業を進めていくわけですが、プリントには最小限の情報しか載せていませんし、授業中にもいくつかのアクティビティを用意しています。
 あくまで会話の授業ですから、このような机と向かう時間を減らす工夫をしています。

 そして今学期も1学期分のプリントを用意しました。
 中国で印刷するのではなく、今回は初めて印刷代行にお任せして日本から持っていくことにしました。
 最もやってみたかったのは、カラー印刷です。

 プリントの書式を統一し、フォントも全体的にキレイめな雰囲気にしました。
 普通のコピー用紙よりも上質なものを使って、なんだか光沢感もあります。
 こういう些細な部分が授業の雰囲気にどの程度影響するのか、大変興味があります。

 授業で使う予定のプリントはこちらで公開していますので、ぜひご参考にしてみてください。

 今学期も自分にできる範囲で新しい挑戦をしていきます。





日本語教師のお仕事