令和5年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

問1 学習ストラテジー

 学習ストラテジーとは、学習者が能動的・主体的に勉強していくときに必要な戦略(ストラテジー)のことです。言語学習は覚えないといけないことがたくさんあって教師が全部教えきることはできないので、最終的には学習者自身が自分で勉強を進めて行く力が必要だよね、っていう考え方に基づいてこのストラテジーが提唱されました。全部で次の6つに分けられます。

直接 記憶 記憶するために用いる暗記、暗唱、復習、動作などの記憶術。
認知 記憶した情報の操作や変換に用いるストラテジー。分析、推測、メモ、要約、線引き、色分けなど。
補償 外国語を理解したり発話したりする時に、足りない知識を補うために用いるストラテジー。推測やジェスチャーなどによって言語の限界を越えるなど。
間接 メタ認知 学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジー。自分で学習過程を調整したりなど。
情意 学習者が学習者自身の感情、態度、動機などの情意的側面をコントロールし、否定的な感情を克服するためのストラテジー。
社会的 学習に他者が関わることによって学習を促進させるストラテジー。

 1 「規則を類推する」とあり、これが認知ストラテジーのキーワード。答えはこれです。
 2 語呂合わせを考えるのは記憶ストラテジー
 3 例の内容は「言い換え」と呼ばれるもので、補償ストラテジーの一種です。これによって言語の限界を越えます。
 4 学習に他者が関与してきているのでこれは社会的ストラテジー

 答えは1です。

問2 認知スタイル

 学習者が情報処理をするときの癖や好み認知スタイルと言います。皆さんは外国語を読んだり聞いたりするとき、文法とかを用いて論理的に意味を理解しようとしますか? それともだいたい直感で意味を取って理解しようとしますか? どっちが良いとか悪いとか言ってるわけではなくて、人は好みが違うので、外国語に触れるときに自然と好みのやり方で対応しようとします。そうしたものを認知スタイルと言います。

 ここでは場独立型、場依存型というのが出てきてます。簡単にまとめると次のようなタイプのことを指します。

場独立型 場依存型
視覚的な場に依存しないタイプ
細部を全体から切り離して把握できるので分析的に思考をする
分析能力や論理的思考力が高い
状況に依存せずに言語を獲得できる
コミュニケーション中心の学習は嫌い
文法は強いが、対人スキルは劣っている
文法テストに強い
暗記中心の学習を好む
年長者に比較的多い
視覚的な場に依存するタイプ
細部は全体に埋もれて見えなくなるので全体的に思考をする
全体を直感的に理解する能力に長けている
会話の中で自然な言語を獲得できる
コミュニケーション中心の学習が好き
文法は弱いが、対人スキルに優れている
コミュニカティブなテストに強い
暗記中心の学習は嫌い
年少者に比較的多い

 場独立型は読んだり書いたりするのが好き。どっちかというと翻訳のほうが向いてる。
 場依存型は聞いたり話したりするのが好き。どっちかというと通訳、口頭コミュニケーションが長けてる。
 これを知っているとこの問題は解けます。

 1 話しかけるのが好きなのは場依存型
 2 概要を(直感で)把握するのが得意なのは場依存型
 3 口頭コミュニケーションが好きなのは場依存型
 4 文法が得意なのは場独立型

 答えは4です。

問3 総合型

 認知スタイルはいろんな分類があるんですが… 総合型/分析型という分類は初めて知りました。
 この問題私は今知らないのでいったん飛ばします。

 答えは不明。

問4 学習スタイルを広げる

 問題文を読むと学習スタイルの分類に「視覚型」「聴覚型」「運動型」「触覚型」という分類があるみたいですね。これも知らない… あとで勉強します。ただ、名前から大体想像ができます。視覚型は読む・書く、聴覚型は話す・聞く、運動型は体を動して学ぶ系、触覚型は何かを触って… って感じでしょうね。で、ここでは学習スタイルを広げていくっていう問題なので、そのスタイルの学習者に別のスタイルの働きかけが行われているかどうか見れば良さそうです。

 選択肢1
 視覚型なので読み書きが好きなタイプですね。劇は話す・聞く系の活動なので、この学習者の学習スタイルと一致してません。ということは学習スタイルを広げられる活動になります! この選択肢は正しいです。

 選択肢2
 聴覚型は話す・聞くが好きなタイプ。初対面の人たちと話すのはこの学習者の好みを満たすだけで、ほかの学習スタイルを身につけさせる活動にはならなそうです。この選択肢は間違い。

 選択肢3
 運動型は体を動かして学ぶ系が好き。街頭インタビューに赴くのは運動型の好みに合ってるので、この選択肢は間違い。

 選択肢4
 触覚型は触る系。料理を作りながら色々なものに触れて学ばせるのは触覚型の好みにあってるので、この選択肢は間違い。

 答えは1です。

問5 学習ストラテジーを意識させること

 問1の解説でも言ったんですが、言語学習というのは覚えなきゃいけないことが山ほどあります。しかもめちゃくちゃ上手になろうと思ったら数年じゃ終わりません。継続的に長い時間勉強し続けなきゃいけないんです。でもその間ずっと先生がついてくれるとは限りません。先生がいたとしても言語の全ての知識を教わるのは不可能です。先生も全て教えられません。そこで必要になってくるのが「学習者の自律」。先生に引っ張ってもらうんじゃなくて、学習者自身が自分の学習を管理し、自分でどんどん学んでいく態度が必要です。学習ストラテジーはそういうときに役立ちます。自律的な学習を進めていくために必要な戦略(ストラテジー)を身につけることがすばらしい学習者に近づくことに繋がります。

 ここまで読んでいただけたら答えがどれか分かるはず。
 答えは2です。




2023年10月25日令和5年度, 日本語教育能力検定試験