機械から発せられた音は「音」? それとも「声」?

 中国人の日本語学習者はよく「音」と「声」の使い分けを間違えます。中国語ではこれら二つを一緒くたにして「声音」と表現するのが原因です。
 

「音」と「声」の違い

音(おと)

音の振動によって生じた音波を、聴覚器官が感じ取ったもの。また、音波。
足音、雨音、風音、川音、靴音、羽音、物音など…

 基本的に人や動物以外から発せられたものは「音」になります。

 (1) 風が吹きつけるがする。
 (2) どこかでお金が落ちたが聞こえた。
 (3) 雷が落ちるは怖い。

 

声(こえ)

人や動物が発声器官を使って出す音。
喉から口を通って出る音。
猫の鳴き声、歌声、産声、大声、小声、叫び声、涙声、鼻声、話し声、呼び声、笑い声など…

 人や動物から発せられたものは「声」、そのうち動物から発せられたものは「鳴き声」です。

 (4) 彼は大きなで叫んだ。
 (5) 遠くで犬が鳴いているがする。
 (6) 聞こえないので大きいで話してください。

 ただし、「声」には例外的な用法がありますので注意が必要です。

 

「声」の例外的な用法

 (7) 風のが聞こえる。
 (8) 天のに従う。
 (9) 心のに耳を傾ける。

 上記の例文では、実際に音を発しているのは人でも動物でもないので本来「音」を使うべきなのですが、ここでは人や動物ではないものを擬人化して「声」と表現しています。擬人化/擬人法は修辞法の一つなので、このような表現は詩的な表現になりやすいです。

 (10) 幽霊のがする。
 (11) 人形からが聞こえる。
 (12) AIの歌はもはや人間の声と聞き分けがつかないレベルになった。

 また、上記の例文では、幽霊や人形、AIなどの人でも動物でもない存在を人とみなして「声」と表現しています。発声器官はありませんが、人の形をしたもの、人として認識できるものには「声」が用いられます。ロボットや神などもそうです。

 
 

 

機械から発せられた音は「音」? それとも「声」?

あなたは車の運転中にラジオを聞いているとします。
そのラジオでは男女2人が話をしています。
この時のラジオから流れてくるものは「音」でしょうか。それとも「声」でしょうか。

 原則、人は「声」、それ以外は「音」。この物差しを使うと、ラジオから聞こえているから「音」だと思うかもしれませんが、実は「音」も「声」も使うことができます。ただしその場合は指し示す対象がやや異なることに注意しなければいけません。

 (13) この人、良いだね。
 (ラジオ内で話している人の”声”を指し示す)
 (14) あんまり聞こえないから、上げてくれる?
 (ラジオから流れてくる”音”そのものを指し示す)

 「声」と「音」の使い分けによって指し示す対象が変わります。ラジオのボリュームを上げたい場合はラジオの「音上げて」、人について言及する場合は「良い声だね」と、ここでも人は「声」、それ以外は「音」という大原則に従っていることが分かります。

 中国人日本語学習者は特に使い分けに注意しましょう。





日本語TIPS, 日本語の色んなお話