QQの未来は見えない?

中国での生活

 中国の無料会話アプリの人気は微信とQQで綺麗に二分されていると思っていたんですが、今日は4年生から気になる話を聞きました。

 「もう中国ではQQはだんだん使われなくなってきている。

 まさかと思いつつも、その理由が結構納得のいくものでした。

 病院などの公共施設を除き、今中国では現金を持ち歩かなくてもいい状況になっています。携帯と電波されあれば、スーパーでもレストランでも個人商店でもバーコードやQRコードをスキャンすることで支払いが可能です。

 その際使用するアプリは主に2つあり、「支付宝」と「微信」です。

 本来は無料通話アプリだったのに、これに決算機能までついたのでユーザーが拡大したということですね。私も買い物はもちろん、携帯の支払いまでも微信を使っています。
 こういう背景があってQQはユーザーを失いつつある現状に直面しています。

 さらに4年生のその人はこんなことも言ってました。

 「QQは幼稚な感じがする

 ユーザー層若すぎたのが逆にこういう結果になっちゃうんですね。ただでさえ用途でも差が付けられているというのに、インターフェースもださいとなると挽回は難しいのかな…





中国での生活