【練習問題】(883)FTAの度合い

ポライトネス理論に関して、発話行為が持つフェイス侵害の度合いに関わる要素として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 ある文化における当該行為の押しつけがましさ
 2 ある文化における当該行為の丁寧さ
 3 話し手と聞き手の社会的距離
 4 話し手と聞き手の相対的な権力差

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 発話行為が持つフェイス侵害(FTA)の度合いは、話し手と聞き手の社会的距離、話し手と聞き手の相対的な権力差、ある文化における当該行為の押しつけがましさの和で表されます。選択肢2はこれに含まれません。
 したがって答えは2です。

 参考:【語用論】第38課 FTAの度合い




2022年9月22日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題