【質問】「ありがとうございます」と「ありがとうございました」の違いは?

質問

質問者さん
(中国)

ありがとうございます」と「ありがとうございました」の違いは何ですか?

管理人

物事が完了したときは「ありがとうございました」、まだ完了してないときは「ありがとうございます」が使いやすいです!

 

「ありがとうございました」を使う場面

 (1) (退店時に)本日はご来店いただき、ありがとうございました
 (2) ご清聴ありがとうございました
 (3) 今日は楽しかったです。ありがとうございました
 (4) 一年間、本当にありがとうございました
 (5) この間はありがとうございました

 「ありがとうございました」は物事が完了・実現した時点で使ったり、すでに完了・実現している物事について述べるときに使います。
 (1)はお店での用事が、(2)はプレゼンなどが、(3)はその日の予定が、(4)は一年間の出来事が全て完了した時点で言われる「ありがとうございました」です。(5)について、この間行われたことすでに完了していますが、すでに完了していることについて感謝するときも「ありがとうございました」が使えます。

 

「ありがとうございます」を使う場面

 (6) お土産どうもありがとうございます。今度お礼させてください。
 (7) ご注文いただきまして誠にありがとうございます
 (8) ずっと応援していただきありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 物事がすでに完了・実現していたとしても、感謝の気持ちがまだ続いている場合は「ありがとうございます」を使います。(6)はお土産をもらったことに感謝を示しつつも、今度お礼をすることを明示して感謝がその時点で終わらない感じ。こんなふうに感謝がまだ続く場合は「ありがとうございます」が使えます。

 (9) (入店時に)本日はご来店いただき、ありがとうございます
 (10) 「お疲れ様」「ありがとうございます。でもまだ細かい仕事が残ってます」
 (11) ご快諾ありがとうございます

 物事がまだ完了・実現していない場合は「ありがとうございます」が使えます。(9)においては入店したばかりで店での用事がまだ終わっていません。(10)もまだ仕事が残ってるみたいだし、(11)もこれから依頼内容が実現していく途中です。

 

まとめ

 例えば… 乗り遅れたバスを追いかけたら運転手が気づいて止まってくれました。そのバスに乗るときは運転手さんに「ありがとうございます」と言うことが多いです。目的地に行くという目的がまだ完了してないし、それを実現してくれる運転手さんにはまだお世話になるから。目的地についてバスを降りるときは「ありがとうございました」。目的は実現したのでこう言いやすくなります。




みんなの質問アーカイブ, 日本語の使い分け