【練習問題】(869)アスペクト表現

アスペクト表現の「ところ」の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 狭いところを空気が通ろうとすると空気抵抗が大きくなる。
 2 洗濯して干して乾いたところからまた着るというズボラ生活している。
 3 日帰りで片道4時間かかるところまで出張しに行くの億劫すぎる。
 4 難しいところがあればお力になれると思いますので言ってください。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 アスペクト表現とは、動作局面を表す表現のこと。

 1 狭いところ → 狭い空間
 2 乾いたところ → 乾いてすぐの局面 (アスペクト表現)
 3 4時間かかるところ → 4時間かかる場所
 4 難しいところ → 難しい点

 したがって答えは2です。




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題