【質問】日本人はどうして「すみません」をたくさん使いますか?

質問

質問者さん
(中国)

日本人はどうして「すみません」をたくさん使いますか?

管理人

話しかけたり、相手にお願いしたりするとき「すみません」と言ったりしますが、日本語母語話者はこのような場面では「相手に迷惑をかけている」という意識があります。その意識が謝罪をする態度に繋がり、言葉に表れていると思われます。

詳細

 (1) すみません。 (誰かを呼び止める場面で)
 (2) 申し訳ありませんが、これ見てもらえますか。 (依頼の場面で)
 (3) すみません。ありがとうございます。 (手伝ってもらった場面で)

 道を尋ねるために通りすがりの人を呼び止めるときに言う「すみません」、相手に何か依頼する場面で現れる「すみません」、何か手伝ってもらって感謝をする場面で言う「すみません」。確かに日本語の多くの場面で謝罪の言葉が出てきそう。
 これらの場面で日本語母語話者がまず意識することは「相手に迷惑をかけた」ということです。自分のために時間を割いてくれたことで相手は時間を失いました。その点について迷惑をかけているので「すみません」が使われます。手伝ってもらった場面であっても、手伝ってもらったことに感謝する「ありがとう」に迷惑をかけたことを詫びる「すみません」が先行することもあるくらいです。これは日本語母語話者の意識であって、別の言語ではそうとは限りません。




みんなの質問アーカイブ, 日本語全般の質問