【質問】「店は夜10時で閉めます」の「で」はどういう意味?

質問

質問者さん
(中国)

「店は夜10時で閉めます」の「」はどういう意味ですか?
私は「10時閉めます」と言いたいです。
「に」と「で」の違いは何ですか。

管理人

「に」は時点、「で」は期限!
ある時点だけを伝えたいなら「に」を使い、動作や作用の期限を伝えたいなら「で」を使います。営業時間の期限が10時だと言いたいときに「10時で閉める」と言えます。



「に」と「で」の意味

 時間を表す名詞につくと「に」も「で」も時を表すことができますが、その中身は微妙に違います。

 (1) 9時出発します。
 (2) 10日の午後帰ります。
 (3) 8月に旅行行きます。

 まず、「に」は時点。まさにその時点だけを指します。例えば(1)では「出発する」という動作を行うのが9時という意味。

 (4) 仕事は5時半終わります。
 (5) 30分片付けよう。
 (6) 10時閉店する。

 「で」は時点というよりも、その動作や作用が行われる期限・期間に焦点が当てられます。例えば(4)は、就業時間の限度が「5時半」みたいな感じ。

 

「10時に閉める」と「10時で閉める」の違い

 「に」は時点、「で」は期限ということが分かりました。これが分かると次の2つの違いも明らかにできます。

 (7) お店は10時閉める。 (閉店の時点)
 (8) お店は10時閉める。 (開店の期限)

 (7)はその日の営業をやめて閉店の状態になるのが10時という、まさに閉店の時点に焦点を当てた言い方です。一方(8)は開店から閉店までの営業時間を背景にして、開店の期限が10時だというニュアンスを持つ言い方になります。こちらは閉店の時間ではなく、開店の期限に焦点を当てた言い方です。

 時点だけを取り上げる場合は「に」、継続する動作や作用の上限を取り上げる場合は「で」が使いやすくなります。

 (9) お店は10時開ける。 (開店の時点)
 (10)?お店は10時開ける。 (閉店の期限)

 (9)は開店の時点を表すもので普通に用いますが、(10)のような言い方は普通言いません。なぜならお店が何時から何時までやってないか(営業していない時間)は普通問題にならないので、閉店の期限に焦点を当てることに意味はないからです。




みんなの質問アーカイブ, 日本語全般の質問