【練習問題】(833)橋渡し推論

推論の一種である「橋渡し推論」の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 「1か月ぶりに浴槽を掃除をした」と聞いて、浴槽は汚かったのだろうと推論する。
 2 「太ももを2~3針縫った」と聞いて、太ももを大怪我をしたのだろうと推論する。
 3 「新曲が待ち遠しい」と聞いて、その新曲の歌い手が好きなのだろうと推論する。
 4 「窓の近くに立っている」と聞いて、部屋に差し込む日光を浴びているのだろうと推論する。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 文章中に明示されていない情報を予想することを推論といいます。推論は2つに分けられます。

橋渡し推論 直接表現されていないことを、文脈や既有知識によって理解するタイプの推論。正しく推論できなければ理解に大きな支障が生じます。
精緻化推論 文章から読み取った事柄をもとに具体的なイメージを膨らませること。実際想像したイメージは人によって異なります。橋渡し推論とは異なり、精緻化推論はできなくても理解には影響しません。

 1 橋渡し推論 当たり前の推論
 2 橋渡し推論 当たり前の推論
 3 橋渡し推論 当たり前の推論
 4 精緻化推論 人によって違う内容を推論する

 したがって答えは4です。

 参考:【記憶】第19課 橋渡し推論
 参考:【記憶】第20課 精緻化推論




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題