【質問】移動動詞はなぜ自動詞なんですか?

質問

質問者さん
(日本)

他動詞と自動詞を見極めるときに「~を+動詞」なら他動詞、「~が+動詞」なら自動詞というのは分かりますが、「~を」が起点・経路を表す場合は自動詞になるってどういうことですか?

管理人

「家を出る」は「出る」の起点が「家」ですね。「交差点を曲がる」は「曲がる」の経路が「交差点」です。述語が移動を表す動詞(移動動詞)だったとき、その起点や経路は「を」で示されます。でも「を」があるからこれは他動詞だ!と思うと間違いです。他動詞はその物に何か変化を加えたり何らかの働きかけをします。「出る」「曲がる」は「家」や「交差点」の形状、位置、状況を変えているわけではないので他動詞じゃないんです。つまり、移動動詞はぜーんぶ自動詞です。

詳細

 他動詞は事物の形状や位置を変えたり、状況そのものを変えたり、事物に対して何らかの働きかけをしたりする動詞です。

 (1) 窓割る。     (形状変化の対象)
 (2) 荷物片付けた。  (位置変化の対象)
 (3) 部屋掃除した。  (状況変化の対象)
 (4) パソコン買った。 (働きかけの対象)

 他動詞はその事物を「を」で表します。上の例文の「を」の左側の名詞は変化や働きかけを受ける事物。この「を」で表された成分は目的語なんて呼ばれますが、正確には「対象」です。日本語教育能力検定試験を受験するなら「目的語」という言い方は捨てて「対象」で覚えてください。こういうことから「を」があると他動詞ですよーって簡易的に教えるんです。
 
 でも移動を表す移動動詞を見てみましょう。

 (5) 家出る。      (起点)
 (6) 交差点曲がる。   (経路)
 (7) 楽しい一日過ごす。 (経路)

 これらの述語は「を」で示された名詞に対して何か変化を与えてますか? 「出る」という動作によって家が何か変化や影響がありますか? それがないんです! だから移動動詞は他動詞じゃなくて自動詞。この「を」は対象の「を」じゃないんです。一般に起点の「を」、経路の「を」なんて呼ばれます。

 こういうことなんで「『~を』が起点・経路を表す場合は自動詞になる」「移動動詞は自動詞」と説明されます。




みんなの質問アーカイブ, 日本語教育能力検定試験に関する質問