【練習問題】(817)擬態語・擬音語

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【擬態語・擬音語】
 1 ぎざぎざ
 2 かちんこちん
 3 ふんわり
 4 ごほんごほん
 5 ぐっすり

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 音のしない様子を表すのが擬態語、音がするものの音を表すのが擬声語

 1 音がないので擬態語
 2 音がないので擬態語
 3 音がないので擬態語
 4 咳の音を表す擬音語
 5 音がないので擬態語

 したがって答えは4です。

 参考:【語彙】第15課 オノマトペ




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題