【質問】「ご案内させていただく」は良くて「ご延期させていただく」がダメなのはなぜ?

質問

質問者さん
(中国)

「ご案内させていただきます」と「案内させていただきます」はどちらもいいのに、「ご延期させていただきます」はダメで「延期させていただきます」が良いのはなぜでしょうか。
「ご」がつけるかつけないかについて、どのように判断すればよいですか?

管理人

(お/ご)~させていただく」の文型を使うとき…
その行為に<向かう先>の人物がある動詞に限って「お」「ご」をつけられます。「案内する」はその行為が<向かう先>の人物がいますが、「延期する」はそれがあんまり想定できません。「ご案内させていただく」が良くて「ご延期させていただく」がダメなのはこれが原因です!

詳細

 「(お/ご)~させていただく」のことはいったん置いておいて… まずは「お/ご~する」について説明しますね。

 この文型は<向かう先>の人物がある動詞に限って使うことができます。例えば「届ける→お届けする」「案内する→ご案内する」のような例。届けるのも案内するのも相手がいます。でも相手がいない「食べる」「乗車する」などは「お食べする」「ご乗車する」と言えないのでこの文型を使うことはできないんです。(多少例外あり)

 で、「お/ご~する」の「する」部分を「させていただく」に代えたのが「(お/ご)~させていただく」ですね。これも上記の性質を引き継いでいます。

(1) 説明させていただく <向かう先>の人物あり
(2) 案内させていただく <向かう先>の人物あり
(3) 確認させていただく <向かう先>の人物あり
(4)  延期させていただく <向かう先>の人物がいない
(5)  中止させていただく <向かう先>の人物がいない
(6)  乗車させていただく <向かう先>の人物がいない

 基本的に「~させていただく」は「案内させていただく」とか「説明させていただく」と使いますが、もっと自分を謙って相手側を立てたければ「ご」をつけて「ご案内させていただく」「ご説明させていただく」と言ってもいいです。そのとき、やっぱり<向かう先>の人物がいなければ「ご」を付けにくくなります

 こういう敬語の問題があったら、敬語の指針を参考にしてみてください! 全てはここに書かれています。




2022年8月18日みんなの質問アーカイブ, 日本語全般の質問