【練習問題】(792)指導法

意味・機能に焦点を当てながら、必要に応じて言語形式にも注意を向けさせる指導として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 フォーカス・オン・フォーム
 2 フォーカス・オン・ミーニング
 3 帰納的指導
 4 演繹的指導

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 言語形式に焦点を当てる指導はフォーカス・オン・フォームズ
 意味・機能に焦点を当てる指導はフォーカス・オン・ミーニング
 言語形式にも意味・機能にも焦点を当てる指導はフォーカス・オン・フォーム

 したがって答えは1です。

 参考:【記憶】第17課 演繹法と帰納法
 参考:【外国語教授法】第21課 指導法




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題