【オノマトペ】もちもち/もちっ

説明

意味

 ①食べ物に弾力と粘り気がある様子
 ②肌などに弾力があって張りがある様子
 

解説

 「もち」は餅。餅の触感のイメージと覚えてください。

 ①食べ物に弾力と粘り気がある様子
 不愉快な粘り気には使いません。

 ②肌などに弾力があって張りがある様子
 良い意味で使います。
 

例文

 (1) もちもちしたうどんがこの店の人気料理です。
     ()
 (2) このチョコパンのもちもちした食感結構好きです。
     ()
 (3) 通常の麺と違って麺の食感が もちっとしています。
     ()
 (4) もちもち太ももに顔挟んでもらいたい。
     ()
 (5) 赤ちゃんのほっぺもちもちで可愛い。
     ()
 (6) 1回の施術で毛穴が引き締まり、肌がもちっとなりました。
     ()
 (7) この化粧水使うと肌も手がもちっとする。
     ()
 (8) 私は筋肉にちょっと贅肉がついたもちっとした男の乳が好きだ。
     ()

 

備考

 特になし






日本語のオノマトペ