【練習問題】(780)習得・学習仮説

モニターモデルの習得・学習仮説で主張されていることとして最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 学習によって得られた知識は言語産出の際にモニターする機能しか持たない。
 2 学習によって得られた知識は習得された知識に変わることはない。
 3 学習によって得られた知識は度重なるアウトプットによって習得に至る。
 4 学習によって得られた知識は心理的な緊張によって習得に至らないことがある。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 第二言語習得に関する以下の5つの仮説をまとめてモニターモデルと呼んでいます。
 ①習得・学習仮説
 ②自然習得順序仮説
 ③モニター仮説
 ④インプット仮説
 ⑤情意フィルター仮説

 習得・学習仮説は簡単に言うと、幼児のような学びを「習得」、教室での学びを「学習」と区別して、この2つには関係がないとする仮説です。どんなに教室で「学習」しても幼児の「習得」にはかなわないし、そこに達することはできないと言っています。

 詳しくは「【SLA】第10課 モニターモデル」をご覧ください。

 1 モニター仮説の記述
 2 習得・学習仮説の記述
 3 適当な記述
 4 適当な記述

 したがって答えは2です。

 




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題