【練習問題】(745)直示性

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【直示性】
 1 このあたりで終わりにしましょう。
 2 それ以来、事故の様子がよみがえるようになった。
 3 このところ暑い日が続いております。
 4 後者については時間の都合で割愛します。
 5 そこらへんに置いておいてください。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 意味理解に発話現場のコンテクストを必要とする言語表現を直示表現と言います。

 選択肢1
 発話時のタイミングで終わりましょうと言ってますから直示です。

 選択肢2
 「事故以来」という意味で用いられています。発話時を基準にしているのではなく、事故発生時を基準としてそれ以来。
 直示ではありません。

 選択肢3
 「最近」という意味で用いています。これは発話時のあたりの日を指す語で直示性を持っています。

 選択肢4
 2つの物事を挙げてそれについて述べている様子です。
 2つ目の物事を指して「後者」と言っています。これは文脈指示の前方照応です。
 「後者」と発話した時間を基準にして、それよりも前に発話した言葉の中にある2つ目の物事を指していますから、談話の直示です。

 選択肢5
 発話者の場所を基準にして、相手の居るところ、あるいは話し手よりもやや遠いところを指しています。
 直示です。

 選択肢2だけ直示ではありません。
 したがって答えは2です。

 参考:【語用論】第9課 直示(ダイクシス)




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題