【練習問題】(739)時間関係を表す従属節

主節と従属節の時間関係を表す表現の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 総合的に見極めた上で、適切に判断していきたい。
 2 駅まで走ってる間に、ネックレスを落とした。
 3 映画は1時間30分以内だと短く、2時間超えると長い。
 4 心身共に疲れきっているところに妻の言葉が染みる。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 時間関係を表す従属節とは時間節のことです。
 時間節は主節の事態成立時がどんな時かを限定する節です。

 1 AをしてからBをするという継起表現 (時間節)
 2 動作Aが進行中のときB       (時間節)
 3 AとBは並列関係
 4 動作や状態Aの進行中にB      (時間節)

 したがって答えは3です。

 参考:【複文】第17課 副詞節
 参考:【複文】第22課 テ形・連用形による従属節
 参考:【N3文法】~た上/~た上で/~の上/~の上で
 参考:【N3文法】~間/間に
 参考:【N2文法】~ていたところだ/~ところに~/~ところへ~




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題