【練習問題】(729)命題とモダリティ

文は命題とモダリティに分けられる。命題とモダリティの記述として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。

命題 モダリティ
その文の客観的な意味内容を表す部分 その文の話者の主観を表す部分
その文の話者の認識や判断を表す部分 その文の聞き手に対する態度を表す部分
その文の真か偽で判断可能な部分 その文の真か偽かで判断できない部分
その文の述語の意味を補う部分 その文の述語部分

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 その文の客観的な部分を命題、主観的な部分をモダリティと言います。
 例えば「彼は学生らしいよ」では「彼は学生」が命題部分で、「らしいよ」がモダリティ。モダリティは話者の主観が含まれます。この場合は「らしい」は伝聞、「よ」は聞き手に対する情報提供です。
 命題は客観的意味内容を担いますので脚色のしようがありません。

 したがって答えは1です。

 参考:【文法カテゴリー】第34課 モダリティ




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題