【練習問題】(683)直接受身文

直接受身の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 犯人に逃げられて、まことに遺憾だ。
 2 妻に先立たれて、とても悲しい。
 3 観衆にヤジを飛ばされて、悔しい。
 4 相手に弱みを握られて、まずい。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 受身文の鉄則

 ①まずは省略されているものを探す
 ②次に能動文を作る (ヲ格とニ格を使って)
 ③名詞の数(補語の数)が一致したら直接受身、不一致なら間接受身

 選択肢1

 受身文: (私が) 犯人に 逃げられた
 能動文: 犯人が 逃げた

 名詞の数が2:1なので間接受身です。「犯人が 私から 逃げた」とするのは反則です。ヲやニを使わないといけません。

 選択肢2

 受身文: (私が) 妻に 先立たれた
 能動文: 妻が 先立った

 名詞の数が2:1なので間接受身です。

 選択肢3

 受身文: (私が) 観衆に ヤジを 飛ばされた
 能動文: 観衆が 私に ヤジを 飛ばした

 名詞の数が3:3で直接受身です。これが答え。

 選択肢4

 受身文: (私が) 相手に 弱みを 握られた
 能動文: 相手が (私の)弱みを 握った

 名詞の数が3:2で、能動文に所有の「の」がありますので間接受身の持ち主の受身です。

 したがって答えは3です。

 参考:【文法カテゴリー】第4課 直接受身文
 参考:【文法カテゴリー】第5課 間接受身文
 参考:【文法カテゴリー】第7課 能動文を作るときの注意点①
 参考:【文法カテゴリー】第8課 能動文を作るときの注意点②




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題