【練習問題】(682)直接受身文

直接受身文の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 その場が爆笑の渦に包まれた。
 2 班長代理に新しい仕事を任された。
 3 神に「何をしているのだ」と夢の中で叱られた。
 4 私は担任の先生に息子を褒められた。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 受身の鉄則
 ①まずは省略されているものを補完する
 ②能動文に直す (ヲとニを使って)

 選択肢1

 受身文: (Aによって) その場が 爆笑の渦に 包まれた
 能動文: (Aが) その場を 爆笑の渦に 包んだ

 補語の数が3:3で対応しているので直接受身文。

 選択肢2

 受身文: (私が) 班長代理に 新しい仕事を 任された
 能動文: 班長代理が (私に) 新しい仕事を 任せた

 補語の数が3:3で対応しているので直接受身文。

 選択肢3

 受身文: (私が) 神に 「何をしているのだ」と 夢の中で 叱られた。
 能動文: 神が (私に) 「何をしているのだ」と 夢の中で 叱った。

 補語の数が4:4で対応しているので直接受身文。

 選択肢4

 受身文: 私は 担任の先生に 息子を 褒められた。
 能動文: 担任の先生が 私の息子を 褒めた。

 補語の数は3:2で一致していませんから間接受身。しかも能動文に「の」が現れていますから持ち主の受身です。

 したがって答えは4です。

 参考:【文法カテゴリー】第4課 直接受身文
 参考:【文法カテゴリー】第5課 間接受身文
 参考:【文法カテゴリー】第7課 能動文を作るときの注意点①
 参考:【文法カテゴリー】第8課 能動文を作るときの注意点②




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題