2017年度卒業生 最後の1枚

日本語教師のお仕事

 一昨日の晩にいつも通り学生と会話するべく教室に向かったところ、卒業生が卒業証明等の手続で一同に会していました。みんな揃っているのを見るのはこれが最後だと思い教壇側から1枚。その後は卒業アルバムの”教師から一言”の欄に書いてほしいとお願いを受けたので、それぞれ同じ言葉を送りました。卒業したらまた会おうねーって言ったんですけど、とんでもなく寂しかったですね。大勢の前で泣くわけにはいかないんですが、実は目はうるうるしてました。まだこの学校にいようと思うのは、やはり大好きな学生がいるからに他なりません。

 彼らは卒業して各々の進路に進みました。日本へ行く人もいれば、中国各地で日本語を生かして仕事をする人、別の専門を求めて大学院へ進んだ人もいます。私はこれからずっと中国にいるでしょうから一生会えないというわけでもないですし、数年後もし会える時があればいいですね。





日本語教師のお仕事