令和3年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題6解説

令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説

 

 ※今のところ私が聞いたものを書いておきます。過去問発売されてからちゃんと解説を書きます。

 

1番

 受身形「きかれました」と使役受身形「きかされました」の混同です。
 答えはdです。

 

2番

 好きなのと嫌いなのと… みたいな問題だった気がします。これはメモしてなかった…
 私は「の」がないなーと思ってaを選んでいます。

 答えはaです。

 

3番

 「やっと」の後に悪い内容が来ていました。普通良い内容がきます。
 「やっと」は副詞なので、答えはdです。

 

4番

 「~ない」と「~ていない」を混同しています。
 テイルと言えばアスペクト。
 答えはaです。

 

5番

 「見える」の丁寧体「見えます」を使うべきなのに、「見る」の可能形「見られます」を使っている誤りです。
 「見える」と「見る」、そもそも使うべき動詞が違います。
 答えはdです。

 

6番

 これもメモしてないんですけど、何となく自信があります。
 答えはcです。

 

7番

 「嘘をつかれた」というべきなのに「嘘をされた」と言ってます。
 この学習者は「嘘」に対して「つく」が共起しやすいことを知らないようです。そのような語と語の自然な組み合わせはコロケーションと言います。
 したがって答えはaです。

 

8番

 これもメモなし、ごめんなさい。
 答えはbです。

 





令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説