令和3年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題3解説

2021年11月3日令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説

 調音点や調音法については母音と子音の分類とIPA表記を参考にしてください。

 
 ※とりあえず私が聞き取った解答を書いておきます。

 

1番 きれい→ちれい

 「きれい」が「ちれい」になっています。

 1 歯茎破擦音/歯茎破裂音(ズィ、ティ、ディ)
 2 歯茎硬口蓋破擦音(語中の「じぢ」、ち)
 3 硬口蓋鼻音(に)
 4 硬口蓋摩擦音(ひ)

 したがって答えはbです。

 

2番 うち→うし

 「うち」が「うし」になる誤りです。

 1 歯茎破擦音/歯茎破裂音ではないかと思います
 2 歯茎摩擦音(さすせそ、語中のざずづぜぞ)
 3 歯茎硬口蓋摩擦音(口蓋化した「し」、語中のじぢ)
 4 硬口蓋摩擦音(ひ)

 答えはcです。

 

3番 ひひゃくえん→はくえん

 「ひゃくえん」が「はくえん」になる誤りです。

 1 歯茎鼻音(なぬねの)
 2 歯茎摩擦音(さすせそ、語中のざずづぜぞ)
 3 声門摩擦音(はへほ)
 4 両唇軟口蓋接近音? あるいは軟口蓋摩擦音?

 答えはcです。

 

4番

 「べ」が「ぶ」になっています。
 どちらも子音は[b]なので子音の違いはありません。問題は母音の違いです。

 [e]は非円唇 前舌 中母音(半狭母音)
 [ɯ]は非円唇 後舌 高母音(狭母音)

 2つの母音は舌の前後位置、舌の高さが違います。
 答えはcです。

 参考:母音、子音とIPA(国際音声記号)について

 

5番

 「しゅ」が「す」になっています。
 拗音は無視して、「し」の子音[ɕ]と「す」の子音[s]を比較すればいいです。

 [ɕ] 無声 歯茎硬口蓋 摩擦音
 [s] 無声 歯茎 摩擦音

 2つは調音点が異なる子音です。
 答えはaです。

 

6番

 「げ」が「き」になっています。
 子音も母音も違うのでそれぞれ検証します。

 「げ」の子音は[g]有声 軟口蓋 破裂音
 「き」の子音は[k]無声 軟口蓋 破裂音

 子音には声帯振動の有無に違いがあります。

 次に母音です。
 [e]は非円唇 前舌 中母音(半狭母音)
 [i]は非円唇 前舌 高母音(狭母音)

 母音は舌の高さが違います。

 したがって答えはdです。

 

7番

 「は」が「わ」になっています。

 「は」の子音は[h] 無声 声門 摩擦音
 「わ」の子音は[ɰ] 有声 軟口蓋 接近音

 調音点も調音法も違います。
 答えはaです。

 

8番

 「しゅいんこう」と言った可能性が濃厚です。
 だとすれば子音の脱落、答えはbです。

 私は「しゅぎんこう」みたいに聞こえました。しかも鼻音化したような、呼気が弱まったような「ぎ」です。
 いよいよ気息の有無が答えになる問題が出たか! と思って自信満々でcを選んだんですけれども… コメントいただいた内容からすると「い」と言った可能性が高そうですね。
 聴解は聞こえたもので答えるしかないので、正しく聞こえなかった時点でもうダメです。教室の端で受験しましたので、それが影響したのかもしれません。

 





2021年11月3日令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説