令和3年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題2解説

拍の長さ 日本語では、平仮名1文字が1拍に相当します。ただし拗音は直前の音に結び付いて1拍となります。
プロミネンス 発話の中の特定の部分を他の部分よりも強調して言うことです。
アクセントの
下がり目
アクセントとは、個々の語について、習慣的に決まっている発音の相対的な高さや強さのことです。日本語は高低アクセントで、核(下がり目)のない平板式と、核のある起伏式に分けられます。
イントネーション 抑揚のことです。疑問文の「~か?⤴」は上昇調、「そうですか⤵」の「か」は下降調です。

 

1番

 「24時間」を「高低低低高低低」、「営業」を「低高高高」と発音しています。
 一語レベルで見るとこのアクセント自体は正しいんですが、複合語を形成して「24時間営業」になるとアクセントは「高低低低高高高高低低低」に変わらないといけません。でもそうなっていない。
 というわけでアクセントの下がり目が間違っていますし、「24時間」と「営業」の間に不要なポーズもあって、答えはbです。

 

2番

 「聞いています」というべきところを「きっています」と言っています。
 変な促音(特殊拍)が入っていますから、特殊拍の種類の誤りが見られます。
 それから、「聞いて」は本来「低高高」ですが、「きって」は「高低低」で発音されています。
 アクセントにも問題があります。
 したがって答えはaです。

 

3番

 「うんどう」が「うんどん」になっています。
 特殊拍を間違えてますので答えはdです。

 

4番

 「もってきていません」が「もてきっていません」になっています。
 特殊拍の位置がぐちゃぐちゃ。答えはdです。

 

5番

 ※この問題は公式の答えがaとなっていますが、bにも感じられます。

 まず「さかな」が「低高低」と発音していてアクセントを間違えています。
 ですから「アクセントの下がり目」が含まれるaかbに絞られます。

 その上で、「さかなと?」と上昇調のアクセントになっていて疑問のように聞こえています。
 句末のイントネーションがおかしくなっていて、これがaを答えとする根拠でしょう。

 一方、並列部分「さかなとパン」はポーズなしで言ったほうがいいのに、「さかなと、パンを」と不自然なポーズが入っているように感じます。ポーズの位置がおかしいという点で言えばbも答えになりそうなものです。

 公式の答えはa
 答えbも推しておきます。

 

6番

 「よそう」が「よっそう」になっていて、拍の長さが増えています。
 それから、「予想」は「低高高」なのに、「よっそう」は「高低低低」となっていて、アクセントもおかしくなっています。
 答えはbです。

 




2022年9月22日令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説