令和3年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 生教材

 実際に使われている物を教室に持っていくと、それは生教材になります。例えばルービックキューブの話を授業でするときに、ルービックキューブそのものを持っていくみたいなことです。生教材は持っていくだけで興味を引けますし、盛り上がりやすくなります。

 1 日本文化や日本事情を紹介する視聴覚教材は生教材じゃないです。その視聴覚教材の中で着物を紹介していたとして、実際に教室に着物を持っていったら生教材になるんですけどね。
 2 映像教材は選択肢1と同じく生教材ではないです。
 3 生教材ってそういうことじゃないんです。まさに実物を教室に持っていくことです。
 4 これが生教材。目の前で演劇や落語が行われていたらずいぶん格調高い授業になりそうですね!

 したがって答えは4です。

 

問2 主旨を聞き取る

 全体的な主旨を聞き取るとありますが、これはスキミングじゃないかと思われます。

スキャニング 大量の文章から特定の情報を探し出すための読み方のこと。名簿から特定の名前を見つけたり、辞書で言葉の意味を調べるときなどに用いる読み方。スキャニングにはトップダウン処理がより必要とされる。
スキミング 文章の要点や全体の大意を理解するための読み方のこと。

 選択肢1
 クラスメートがプレゼンテーションで何を伝えたいのかを考えながら聞くことは、主旨を聞き取る練習になりそうです。
 これはスキミング。

 選択肢2
 天気予報が雨なら傘が必要、雨じゃないなら不要。雨かどうか、そこだけ聞き取ればいいわけですからスキャニングです。
 全体の主旨を聞き取るってほどの大それたことはしていません。

 選択肢3
 遅延情報でどこがどう遅れているのかを聞き取ればいいのでスキャニングです。

 選択肢4
 日程に注目して聞くのはスキャニングです。

 したがって答えは1です。

 

問3 イラスト

 選択肢1
 「思う」「考える」などの思考動詞、「~だろう」「~と思う」などの推量表現、それらの違いをイラストでちゃんと示すことができますか?
 抽象的な概念で分かりやすい動作を伴うわけでもありませんから絵にしにくいです。明示的に示すことはできないでしょう。

 選択肢2
 イラストは学習者の理解を補足し、理解を深めさせることができます。

 選択肢3
 イラストによって新たな知識を得ることもできますし、それまでの知識の上書き、再確認もできます。そうすれば記憶に結びつけることもできます。

 選択肢4
 イラストは状況を提示することが大大大得意です。周囲の状況まで書けば一目で何が起きているのか分かります。「嬉しい」「悲しい」などの心理状態を提示することも容易にできます。

 したがって答えは2です。

 

問4 対面聴解の練習

 対面聴解と非対面聴解という言葉があります。
 対面聴解は話し手と直接対面して話し合いながら行う聴解です。
 非対面聴解は話し手と対面していないので、直接やり取りができません。主に録音や録画などを使った一方的な聴解を指します。

 選択肢1
 ディクトグロスの記述です。
 ディクトグロスは長めの文章を聞き、キーワードをメモします。そのあとグループになり、お互いのメモを持ち合ってもともとの文章を協力して再現する活動です。

 選択肢2
 母語で? これはどういう活動でしょう。

 選択肢3
 これが答えです。
 対面聴解は目の前に話し手がいるので、聞き手の推測の正誤を話し手に直接質問することができます。

 選択肢4
 これも一体どういう活動?

 したがって答えは3です。

 

問5 定着させる練習

 1 モデル音声の後にリピートさせると、リピートした内容は定着しやすくなります。
 2 考えさせて正解と照合させる。定着にはいいと思います!
 3 日本語で聞かせてその内容を母語で言わせても、日本語を再生するわけではないので日本語の語や表現の定着は期待できません。
 4 ロールプレイをさせると学習者に使わせることになりますので、語や表現の定着が期待できます。

 したがって答えは3です。

 





令和3年度, 日本語教育能力検定試験 解説