【練習問題】(589)意志動詞

必ず意志動詞とともに用いる言語形式の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 動作を何度も激しく繰り返す様子を表す「~まくる」
 2 動作や状態の実現が容易であることを表す「~やすい」
 3 動作の開始を表す「~出す」
 4 動作が実現することを他者に示す「~てみせる」

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 1 意志動詞「食べまくる」もいいし、「生活リズムが乱れまくっている」のように無意志動詞もいいです。
 2 意志動詞「食べやすい」もいいし、「この眼鏡は曇りやすい」のように無意志動詞もいけます。
 3 「食べ出すと止まらない」のように意志動詞もいいですが、「降り出す」のように無意志動詞もいいです。
 4 「やってみせた」「書いてみせた」のように意志動詞だけに接続します。

 したがって答えは4です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題