【練習問題】(479)間接発話行為

間接発話行為の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 X:これでちゃんと伝わりますか?
   Y:伝わると思いますよ。
 
 2 X:しょっぱいですね。
   Y:どうぞ。このお湯で薄めてください。
 
 3 X:催眠術にかかってみたいんですけど。
   Y:分かりました。やってみましょう。
 
 4 X:手を挙げてください。
   Y:どっちの手ですか?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 「しょっぱいですね」はただの感想ですが、その暗意を察してお湯を出しています。
 したがって答えは2です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題