【練習問題】(472)指示詞の現場指示用法

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【指示詞の現場指示用法】
 1 「すみませんでした。」「すぐにここからここまで修正してください。」
 2 「どこですか?」「その部屋には何もありませんよ。」
 3 「13日は何をしてましたか?」「その日は友達と焼肉にいってました。」
 4 「すごい光ってますね。」「あれが北極星です。」
 5 「どうすればいいですか?」「そこを押してください。」

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 指示対象が文脈にあるものを文脈指示、発話現場にあるものを現場指示と呼んでいます。

 1 現場指示
 2 現場指示
 3 文脈指示 (13日=その日)
 4 現場指示
 5 現場指示

 したがって答えは3です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題