【練習問題】(462)意味拡張

目玉焼き」と同じタイプの意味拡張の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 空が泣いている
 2 初めて聞いたバンドだけどもう好き。
 3 人生の交差点に立つ。
 4 時間が流れる

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 卵の中身を出した状態が目玉に見えることから、それを焼いたものを「目玉焼き」と呼ぶようになりました。
 卵の見た目と目玉の類似性を利用した隠喩(メタファー)です。

 1 雨と涙の類似性 隠喩(メタファー)
 2 「バンドの曲」というところを省略 隣接性を利用した換喩(メトニミー)
 3 道路の交差点と生き方選択の類似性 隠喩(メタファー)
 4 時間と川の流れの類似性 隠喩(メタファー)

 したがって答えは2です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題