【N1文法】~なら~で

2021年8月16日N1文法, 日本語の文法

説明

接続

 名詞+なら+名詞+で
 ナ形語幹+なら+ナ形語幹+で
 イ形普通形+(の)なら+イ形普通形+で
 動詞普通形+(の)なら+動詞普通形+で
 

意味

 如果…也没有关系
 

解説

 「その状況になるなら何らかの行動をするべきだ」という話者の判断を表す文型です。
 後件にはアドバイス、命令、何らかの判断が来ます。不満が現れることが多いです。
 一般的にはその行動をしたほうがよく、その責任があるような場面で用います。
 
 「なら」の前後は同じ動詞を用います。
 

例文

 (1) 仕事辞めるなら辞めるいいけど、次のこともちゃんと考えてるか?
 (2) 規則正しい生活のためには、朝ご飯は抜くなら抜く、食べるなら食べる固定した方が良い。
 (3) 嫌なら別れればいい。
 (4) 結婚する気がないならない相手に早めにちゃんと話したほうが良い。
 (5) 遅れるなら遅れる先に知らせてよ。
 (6) 子どもが学校に行きたくないのなら行きたくない別に良いと思う。
 (7) チョコが欲しいなら欲しい言ってくれれば一個くらいはあげるよ。
 (8) 恋愛する気がないのも自由だし、恋愛したいならしたいそれも良い。

 

備考

 特になし

 





2021年8月16日N1文法, 日本語の文法