本場の小籠包が忘れられない病

中国での生活

 日本に帰ってからというもの、中華料理を無性に食べたくなるときがあります。
 その波がここ数日どっと押し寄せて、2軒の中華料理屋さんにいきました。
 食べたくなるのは小籠包なんですが…

 これ漢字間違ってます。
 「籠」は小籠包を作るための蒸し器、笼屉、蒸笼(せいろ)。
 小籠包の「籠」は饅頭のものに比べて小さいので「小籠」と呼ばれています。
 たけかんむりがないと小さいドラゴンになってしまいますね。どんな料理でしょう。

 繁体字:小籠包
 簡体字:小笼包

 そういえば河北省廊坊、人民公園のすぐ北側に隣する細くて暗い通りには「悦竹翔汤包」というお店があります。
 ここの小籠包は絶品で、毎週末食べにいってました。
 もし廊坊に立ち寄ることがあったらぜひ晩ご飯に行ってください。あのお店は中国で一番小籠包のおいしいお店なんです!

 小籠包のおいしさは、いかに皮を薄くしながら肉汁を閉じ込めるかにつきます。
 あれは家では絶対再現できません。





中国での生活