【練習問題】(396)アスペクト表現

アスペクト表現が含まれる例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 山がそびえている。
 2 鐘が鳴り響いている。
 3 終身雇用が崩れつつある。
 4 探求はまだ始まったばかり。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 アスペクト表現とは、動作動詞が表す動きの局面を取り上げる表現のことです。

 1 「そびえる」は第四種の動詞と呼ばれ、動詞でありながら形容詞的な使い方をして物事の性質や様子を表します。動作動詞ではなく静的動詞なので「動き」というものがなく、アスペクトもありません。

 2 動作動詞「鳴り響く」が進行中であることを表すアスペクト形式「ている」

 3 動作動詞「崩れる」が進行中であることを表すアスペクト形式「つつある」

 4 動作動詞「始まる」が動作直後であることを表すアスペクト形式「たばかり」

 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題