【練習問題】(392)意味拡張

「空が泣いている」と同じタイプの意味拡張の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 あの黒い服が犯人です。
 2 すね毛がジャングルだ。
 3 猫は液体だ。
 4 人の不幸は蜜の味

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

シミリー
直喩
「~みたいな」「~のような」「~の如く」等を使って直接別のものに喩える比喩の一種。 わたあめみたいな雲が浮かんでいる
メタファー
隠喩
物事のある側面から連想した類似性に基づく具体的なイメージを用いて、抽象的な物事を表す比喩の一種。 頭が真っ白になる
メトニミー
換喩
様々な概念の隣接性に基づいて物事を表す比喩の一種。換喩には入れ物で中身を示すものや、結果で原因を表すものなどの様々なパターンがある。 パトカーに捕まった
シネクドキー
提喩
上位概念を下位概念で、また下位概念を上位概念で言い換える比喩の一種。 花見に行く

 「空が泣いている」は、涙と雨の類似性を利用した隠喩です。

 1 黒い服とそれを着ている人、入れ物で中身を指す換喩
 2 剛毛と生い茂る樹の類似性を利用した隠喩
 3 身体の軟らかさと液体の粘性の類似性を利用した隠喩
 4 嬉しさと美味しいものの類似性を利用した隠喩

 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題