【練習問題】(282)技能シラバス

技能シラバスの学習項目の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 「履歴書を書く」「申込用紙に記入する」「アンケート用紙に答える」
 2 「賛成する」「反対する」「引き受ける」「断る」
 3 「コンビニのレジで」「郵便局の窓口で」「観光案内所で」
 4 「チェックインする」「コンビニで買い物をする」「トイレの場所を聞き出す」

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 シラバスとは、教師が学生に示す講義・授業の授業計画のことです。

構造シラバス 文法構造中心のシラバス。
機能シラバス 言語が持っているコミュニケーション機能に焦点を当てたシラバス。
場面シラバス コミュニケーション場面中心のシラバス。
トピックシラバス
話題シラバス
何かの話題を中心に構成されたシラバス。
スキルシラバス
技能シラバス
読む、書く、話す、聞くのうち、必要な技能に焦点を当てたシラバス。
タスクシラバス
課題シラバス
言語を使って目的を達成することが中心のシラバス。
概念・機能シラバス 言語の概念(アスペクトやテンス、視点など)とコミュニケーションにおける伝達機能の側面から言語を分類したシラバス。

 1 「書く」に焦点を当てた技能シラバス
 2 言語の機能に焦点を当てた機能シラバス
 3 場面に焦点を当てた場面シラバス
 4 目的に焦点を当てたタスクシラバス

 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題