【練習問題】(260)様態副詞

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【様態副詞】
 1 せっかく来たのに定休日だった。
 2 もう少しゆっくり話してください。
 3 ずっしりと胸に響く。
 4 焼肉をがつがつ食べた。
 5 最後まできっちりまとめる。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

様態副詞
情態副詞
動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表す副詞。
擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれます。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられる副詞。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表す副詞。
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表す副詞。

 1 陳述副詞 (気持ちが含まれている)
 2 様態副詞 どのように話すか → ゆっくり
 3 様態副詞 どのように響くか → ずっしり
 4 様態副詞 どのように食べるか → がつがつ
 5 様態副詞 どのようにまとめるか → きっちり

 したがって答えは1です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題