【練習問題】(246)ピジン

クレオールと比較したときのピジンの特徴として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 語彙が少ない。
 2 発音が簡単である。
 3 文法が単純である。
 4 音声言語を持つ。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 ピジンはお互いの言語の要素を組み合わせて作られた接触言語で、それがその地域の人々に定着したものがクレオール言語です。
 ピジンは生まれたばかりの言語なので、語彙も少なく、発音も文法も簡単な傾向があります。
 クレオールにもなると成長した言語になるので、語彙が多くなり、発音や文法も複雑になります。

 ちなみにピジンもクレオールも音声言語です。選択肢4の内容はピジンとクレオールの比較になっていません。
 したがって答えは4です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題