【練習問題】(199)従属節

「複文」に関して、従属節が含まれる例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 名前を言わなくても声ですぐ分かってくれる。
 2 言葉を失った瞬間が一番幸せ。
 3 午前二時、踏切に望遠鏡を担いでいった。
 4 深い闇に飲まれないように精一杯だった。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 1 条件節「名前を言わなくても」
 2 名詞修飾節「言葉を失った」
 3 単文です。
 4 目的節「深い闇に飲まれないように」

 選択肢3は単文なので従属節はありません。 
 したがって答えは3です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題