【練習問題】(168)会話的コード・スイッチング

2021年6月7日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

会話的コード・スイッチングの例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 周囲の人にその内容が伝わらないよう、わざと中国語を使って話す。
 2 日本語が分からない友人のため、日本語を使うのをやめて英語に切り替える。
 3 日本語で書かれた原稿を読み上げるとき、発言内容を引用するために英語を差し込む。
 4 学習者が分からないと言ったので、学習者の母語を使って話す。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 コードスイッチングとは、相手や場面、話題に応じて言語そのもの、あるいは同一言語内の言語変種を使い分けることです。分類は3つ。

会話的コードスイッチング 会話の流れを維持しながら行われるコードスイッチングの一種で、情報を補足したり、相手の発話を引用したり繰り返したりするなどに用いるコードスイッチングのこと。
状況的コードスイッチング 状況や場面に応じて行われるコードスイッチングの一種。外的要因によってスイッチするものを指す。
隠喩的コードスイッチング 話し手との親密さや連帯感を強めるために行われるコードスイッチングの一種で、発言に何らかの特別なニュアンスを付与するために起こるもの。内的要因によってスイッチするものを指す。

 1 隠喩的
 2 状況的
 3 会話的
 4 状況的

 したがって答えは3です。





2021年6月7日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題