【練習問題】(165)直接受身

2021年5月28日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【直接受身】
 1 税関で10,000円請求された。
 2 恋人にふられた。
 3 冷蔵庫に人工知能が 搭載された。
 4 この水源は日本の名水百選に選ばれた。
 5 捕まえた虫に逃げられた。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 選択肢1
 【受身文】私は Aに 税関で 10,00円請求された。
 【能動文】Aは 私に 税関で 10,00円請求した。
 直接対応する能動文があるので直接受身です。

 選択肢2
 【受身文】私は 恋人に ふられた。
 【能動文】恋人は 私を ふった。
 直接対応する能動文があるので直接受身です。

 選択肢3
 【受身文】Aによって 冷蔵庫に 人工知能が 搭載された。
 【能動文】Aは 冷蔵庫に 人工知能を 搭載した。
 直接対応する能動文があるので直接受身です。

 選択肢4
 【受身文】Aによって この水源は 日本の名水百選に 選ばれた。
 【能動文】Aは この水源を 日本の名水百選に 選んだ。
 直接対応する能動文があるので直接受身です。

 選択肢5
 【受身文】私は 捕まえた虫に 逃げられた。
 【能動文】捕まえた虫が 逃げた。
 直接対応する能動文もないし、「逃げる」は自動詞なので間接受身(自動詞の受身)です。

 選択肢5だけ自動詞の受身。
 したがって答えは5です。

 





2021年5月28日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題