【練習問題】(145)橋渡し推論

「推論」の一種である「橋渡し推論」の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 「救難信号が届き、その発信源へ向かった」という文を読んで、誰かが非常事態に陥っていると想像する。
 2 「ヘリコプターが飛び立とうとしている」という文を読んで、操縦席で安全確認をする機長の姿を想像する。
 3 「野良猫にご飯をあげた」という文を読んで、一心不乱に餌にありつく野良猫の様子を想像する。
 4 「気温が30度を超す日もだんだんと増えてきました」という文を読んで、日傘を差して歩く女性の姿を想像する。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 推論は橋渡し推論と精緻化推論に分けられます。
 橋渡し推論は失敗すると文全体の理解に影響を与えます。

 1 誰かが非常事態に陥っていないとすればなぜ救難信号が届いたのか分からなくなります。これは橋渡し推論です。
 2 精緻化推論
 3 精緻化推論
 4 精緻化推論

 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題