【練習問題】(69)「~込む」の用法

2021年5月11日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【「~込む」の用法】
 1 耳の穴に入れ込むタイプのイヤホン嫌い。
 2 今日割と暑かったのに、夜になると冷え込むね。
 3 人を満員電車に押し込む仕事がしたい。
 4 段ボールと商品の隙間を作らないように緩衝材を埋め込む
 5 月明かりが差し込む

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 「~込む」の用法は3つ。

 ①内部への移動、中へ入れる
 入れ込む、詰め込む、押し込む、はめ込む、埋め込む、挿し込む、教え込む、叩き込む、投げ込む等…

 ②状態が極まること
 買い込む、売り込む、冷え込む、炊き込む、投げ込む等…

 ③深く~する、その状態をずっと続ける
 考え込む、眠り込む、話し込む等…

 
 1 内部への移動
 2 状態が極まること
 3 内部への移動
 4 内部への移動
 5 内部への移動

 したがって答えは2です。

 参考:【N3文法】~込む





2021年5月11日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題