【IPA関係の練習問題】(112)調音法

2021年5月6日IPA関係の練習問題, 日本語教育能力検定試験 解説

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【調音法】
 1 [ʑ]
 2 [z]
 3 [ç]
 4 [j]
 5 [s]

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 1 [ʑ] 有声 歯茎硬口蓋 摩擦音 (語中かつ撥音、促音の後以外の「じぢ」の子音)
 2 [z] 有声 歯茎 摩擦音 (語中かつ撥音、促音の後以外の「ざずづぜぞ」の子音)
 3 [ç] 無声 硬口蓋 摩擦音 (「ひ」の子音)
 4 [j] 有声 硬口蓋 接近音 (「やゆよ」の子音)
 5 [s] 無声 歯茎 摩擦音 (「さすせそ」の子音)

 選択肢4だけが接近音です。
 したがって答えは4です。

 参考:母音、子音とIPA(国際音声記号)について





2021年5月6日IPA関係の練習問題, 日本語教育能力検定試験 解説